C3 コルベット。 コルベットC3(コブラボディ)と歩む道・・・

コルベット C3 コルベット C3

👎 しかし、個人売買での手に入れた、オークションで購入したがボロボロでレストアが必須という方にとっては別問題。 また、運動性能向上のためダウンサイジングを敢行し、先代より全長が100mm短縮されたが、逆にホイールベースは30mm延長され、オーバーハングを縮小することで安定性を高めている。 車を好きになったのは大学生の頃。

11
コルベット C3 コルベット C3

✌ これにより、販売されたコルベットC3の多くがオートマチックトランスミッションであり、現在売られている中古車でマニュアルトランスミッションを搭載したものはほぼありません。 彼はコルベットSSのフレームを流用した Mule(C1型ベースのものではなく、コルベットSSの計画が立ち上がる際に新規製作されたもの)をわずか1ドルで引き取り、新たなデザインに仕立て直した。

17
コルベット C3 コルベット C3

☕ なかでも、C3の中期モデル最後の年となる(73~)77年型コルベットまでのファンが多いと言われている(73年にバンパーがウレタンのボディ同色タイプになっている) 一部には72年以前のアイアンバンパーを好むマニアも多いと言われるが(確かにカッコいいが)、C3のイメージとしては、この中期型ボディが日本人にとっては一番なじみ深いのではないだろうか。

12
コルベット C3 コルベット C3

🙂 オープンモデルのみのラインナップだったC1型と違い、をメインに据えることとなった。 ル・マン最速の速度を記録したシボレーコルベットC3のモータースポーツ Photo by コルベットC3は歴代コルベットの中で最も長く販売され、多くのレーシングチームがコルベットC3でカーレースにチャンレジしています。

コルベット C3 コルベット C3

✆ エクステリアも初代とは大きく変わり、ダイナミックだった先代のスタイリングに対し、先鋭的でエッジの立った独特なスタイリングとなった。 衝突基準の改正によってクロームバンパーの廃止やオープンボディたるコンバーチブルも消滅するのである。 「ザ・アメリカ」を象徴しているデザイン しかも日頃乗っている最新のアメ車からは感じられない濃厚なキャブレターV8フィール。

15
コルベット C3 コルベット C3

🤛 その最たるはヘッドライトカスタム。

コルベット C3 コルベット C3

👀 の車名欄およびJAIA()の輸入車登録台数の統計では「シボレー」となっている。 道路と直接接触し非常に大きな抵抗を受けるので燃費性能に直接関係してきます。 まさしく「ザ・アメリカ」を象徴しているデザインではないか。

10
コルベット C3 コルベット C3

🤲 C8コルベットからミッドシップに移行したことで、この想いが成就することはなくなった。 まさにダイレクトに感じるV8サウンドに「これだ」というアナログ的快感が得られたのである。

13