モード ルイス。 しあわせの絵の具愛を描く人モードルイス(映画)のあらすじや実際に観た感想

ルイス モード ルイス モード

🚀 完全に修復された家は、モードの絵画と共にのノバスコシア美術館の屋内中央に移転され常設展示されている。 彼女は若年性関節リウマチ(英語版)を患い、生涯に亘って手足が不自由で体も小さかった。

7
ルイス モード ルイス モード

😍 」と、本作にかける熱い想いを述べている。 夫婦はディグビー郡マーシャルタウン(英語版)の小さな住居で暮らし始め、体の不自由なモードに代わりエヴェレットが家事を行った。 Kenins, Laura 2019年5月1日. 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード ルイス』の物語のベースになったのは、 カナダに実在した女性画家モード ルイスと夫のエベレットです。

6
ルイス モード ルイス モード

🤪 モード役のサリーはもともと両親が絵本作家で美術の素養があり、本作のためにロンドンの素朴派画家の絵画教室に数カ月間通って撮影に臨み、モードが壁や窓に絵を描くシーンでは実際に彼女が描き、映画の見どころとなっています。

17
ルイス モード ルイス モード

😒 鳥が横切ったり、ハチが来たり、毎日違うわ。

4
ルイス モード ルイス モード

😆 まず輪郭を描き、バランスの良い配色で原色を多く使いました。 やがて彼女の絵は7〜10ドルで売れるようになる。 、家に強盗が入り、その際エヴェレットは亡くなる。

12
ルイス モード ルイス モード

👇 彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。

ルイス モード ルイス モード

😍 命の煌きが、ひとつのフレームに、そこにあるの」 胸に響くセリフだ。 モードの絵は殺風景な家を愛らしく変えていきました。 モード・ルイスにとって、エベレットという存在は無くてはならない存在なのです。