ギガノト サウルス。 日本恐竜紀行第8回:国立科学博物館~新館:T・REXと白亜紀のプレデターたち~

サウルス ギガノト サウルス ギガノト

🙏 なにぶん鈍重なため、中や小の相手には分が悪かったであろうが当時の南には最大m以上ともされる前の巨大食であるンスなど タノス類に分類される大脚類が栄えており、獲物には困らなかったと思われる。

12
サウルス ギガノト サウルス ギガノト

🙃 口を開けすぎると頬肉が無くなるので、ガバッと大口を開けることはできません。 結構見やすくなったと思います!個人的な意見なんですが、麻酔薬よりナルコベリーがお得というのはテリジノとか他の恐竜にも使えると思うので、いっその事テイムの手引きにでも移しても良いんじゃないかなと思います ギガノトのページには「詳しくはテイムの手引きへ」みたいに。 怒りモードの持続は20秒間。

15
サウルス ギガノト サウルス ギガノト

♨ 進化の前後の系統で羽毛が確認されていると言うことはティラノサウルスにも羽毛が生えていて、恒温動物であった可能性が高い。

サウルス ギガノト サウルス ギガノト

🤔 陸上系ペットでは逃げ切れない場合も多く、やっとタゲが外れたと思ったら大移動しちゃってたとか、普通にあり得ます。

20
サウルス ギガノト サウルス ギガノト

😉 国立科学博物館ではある仮説を自分の目で確認できるような展示がされている。 台座が付いており、そこに固定用の棒があるので、左後足の穴にはめ込んで固定します。 しかし、金属棒が針金のように細くなっているので、穴が棒より大きくガバガバになってしまうと、傾いて倒れると思います。

2
サウルス ギガノト サウルス ギガノト

🤟 足のかかとより後方に続いている程。 火力を兼ねるビームで相手を凍らせることで足止めができ、機動力もトップクラスでワイバーンより速く現場に向かえる…が度重なる弱体化により現在はマナガルムルによる討伐は厳しいと言わざるを得ない。

15